今泉建築
© 2009
Imaizumi-kenchiku.
All Rights Reserved.
今泉建築
 TOPページ住まいの豆知識住まいのお手入れ>キッチン
家づくりにかかる費用の流れ
 住まいのお手入れ
   ├内装
   ├キッチン
   ├バス・トイレ・洗面室
   └玄関・窓・その他
 

意外と見落としがちなのはキッチンの天井部分。住居用弱アルカリ洗剤を水で薄め、固く絞った雑巾などを長い棒などに巻きつけて拭いてあげましょう。
こまめにすることで、油汚れもつきにくくなり、いつまでもキレイなキッチンとして気持ちよく過ごせます。

普段からできるだけ鍋類や調理道具などを表に出さないこと、物を少なくすることがお手入れ上手の秘訣です。

コンロなどはホーローやステンレスなどの素材にあわせて洗剤を選び、汚れたらすぐに手入れをしてあげましょう。台布巾、コンロ周り用の布巾、床用の布巾をいつもキッチンに用意しておき「汚れたらサッと拭く」ということを心がけましょう。

日常のお手入れで落ちない汚れは定期的にていねいなお掃除をしましょう。

最近では便利なキッチン用のお掃除道具などが販売されているので、いろいろとお試しになられてもよいかもしれません。

また、昔からキッチン周りのお手入れに重宝されているのは「重曹」。
重曹は、キッチンのお手入れ全般だけでなく、脱臭にも使える優れものです。

■シンクの曇りに
曇りを感じる部分に重曹をふりかけ、軽く湿らせたスポンジでやさしく磨きます、重曹は粒子が大変細かいので、キズもつきにくいというのが特徴です。

■ガスコンロや換気扇の油汚れ
少量の水を加えてペースト状に練った重曹を汚れの目立つ部分に塗り数分間おきます。軽くこすりながら拭き取れば、油汚れも簡単に落ちます。

■排水口の掃除
排水口へ重曹を入れ、食酢を加えると、重曹と酢が反応して泡立ってくるので、30分程度放置し、その後熱湯ですすぎます。

■脱臭剤として
ニオイの気になる冷蔵庫や食器棚に1カップ程度の重曹を蓋をせずに置いておけば、意外や意外!脱臭効果を発揮します。効果は約2ヶ月程なので、その後シンク磨きなどに再利用できるので、経済的にもやさしいですね。

▲上へ